コードブロック

if や else は基本的に次に続く1つの文しか実行しない。複数の文を実行したいときには、それらの文を中括弧 { } で囲ってやる。こうすることで複数の文を1つのまとまりとして実行してくれる。これをコードブロック、または複文と呼ぶ。
コードブロックは単一の文を書けるところならどこにでも書ける。

次のプログラムは、メートル-フィート換算のプログラムをコードブロックを使って書いたもの。if と else のあとにそれぞれコードブロックが続いている。

#include

int main(void)
{
    float num;
    int choice;

    printf("1: feet to meter, 2: meter to feet\n");
    printf("Choice: ");
    scanf("%d", &choice);

    if (choice == 1) {
        printf("How feet? ");
        scanf("%f", &num);
        printf("%f\n", num / 3.28);
    } else {
        printf("How meters? ");
        scanf("%f", &num);
        printf("%f\n", num * 3.28);
    }

    return 0;
}

実行例:

[email protected] $ ./sample_2_3
1: feet to meter, 2: meter to feet
Choice: 2
How meters? 1.5
4.920000
カテゴリー: C パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください