文字列定数とポインタ

コンパイラは文字列定数(二重引用符で囲った文字列)を見つけると、それを文字列テーブルに格納し、その文字列定数へのポインタを生成する。なので、ポインタに直接文字列定数を代入することができる(実際には文字列定数を指すポインタが代入される)。

#include

int main(void)
{
    char *p;

    p = "One Two Three\n";

    printf(p);

    return 0;
}
[email protected] $ gcc sample_6_4.c -o sample_6_4
sample_6_4.c: In function ‘main’:
sample_6_4.c:10:5: warning: format not a string literal and no format arguments [-Wformat-security]
     printf(p);
     ^
[email protected] $ ./sample_6_4
One Two Three

なんか warning が出てるな。結果はちゃんと期待どおりのものが出力されてるけど。
フォーマットが文字列リテラルじゃなくて引数がないってこと?
次のように直したら warning がでなくなった。

#include

int main(void)
{
    char *p;

    p = "One Two Three\n";

    printf("%s", p);

    return 0;
}
[email protected] $ gcc sample_6_4a.c -o sample_6_4a
[email protected] $ ./sample_6_4a
One Two Three
カテゴリー: C パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください