カンマ演算子

カンマ(,)って演算子だったんだ!
カンマ演算子は、式を続けて書くときに使う。よく使うのは for ループ。

for (i = 0, j = 0; (i + j) < count; i++, j;;)
    ...

ループ変数に i と j を使って、それぞれ初期化、インクリメントをしている。

カンマで区切られた式のリストの値は、最も右の式の値になる。次の文では、value には 100 が代入される。

value = (count, 99, 33, 100);

式のリストにカッコをつけているのは、代入演算子よりもカンマ演算子のほうが優先順位が低いから。

カテゴリー: C パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください