#error、#undef、#line、#pragma

#error

#error エラーメッセージ

プリプロセッサは #error ディレクティブを見つけるとコンパイルを中断する。

#include

int main(void)
{
    int i;

    i = 10;

    #error This is an error message.

    printf("%d\n", i); /* This line is NOT compiled */

    return 0;
}
[email protected] $ gcc sample_12_3a.c -o sample_12_3a
sample_12_3a.c: In function ‘main’:
sample_12_3a.c:10:2: error: #error This is an error message.
 #error This is an error message.
  ^

#error ディレクティブは主にデバッグ目的で使われる。

#undef

#undef マクロ名

#undef ディレクティブはマクロ名の定義を解除する。マクロ名が定義されていなければなんの効力もない。#undef は主にマクロ名の効果を局所的に限定するためにある。

#include

#define DOG

int main(void)
{
    #ifdef DOG
    printf("DOG is defined.\n");
    #endif

    #undef DOG

    #ifdef DOG
    printf("This line is NOT compiled.\n");
    #endif

    return 0;
}
[email protected] $ ./sample_12_3b
DOG is defined.

#line

C のコンパイラは、コンパイルの最中、現在コンパイルしているファイル名と行番号を保持している。#line ディレクティブを使うと、これらの値を変更することができる。一般的な形式は次のとおり。

#line 行番号 "ファイル名"

主にデバッグや大規模プロジェクトの管理に使用する、と本には書いてあるけど、ユースケースが思い浮かばない。

#include

int main(void)
{
    int i;

    #line 1000 "myprog.c"
    #error Check the line number and file name.

    return 0;
}
[email protected] $ gcc sample_12_3c.c -o sample_12_3c
myprog.c: In function ‘main’:
myprog.c:1000:2: error: #error Check the line number and file name.

確かに行番号やファイル名が #line ディレクティブで指定した値になっている。

#pragma

#pragma 命令

本には「#pragma ディレクティブを使うと、コンパイラに渡すプリプロセッサディレクティブを、コンパイラの実装者が定義することができます。」と書いてある。これって、コンパイラを使うプログラマには使い道がないんじゃ……。

カテゴリー: C パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください