型switch

データ型の判定は switch 文でもできる。これを型switchという。一般的な書式はこう。

switch v := x.(type) {
    case 型1: 処理
    case 型2: 処理
    ...
    default: 処理
}

一昨日書いた型アサーションと似ているけど、カッコの中には type と書く。すると対応する型の case 節が実行される。

package main

import "fmt"

type Num interface {
    number()
}

type Int int

func (n Int) number() {}

type Real float64

func (n Real) number() {}

func sumOfNum(ary []Num) (Int, Real) {
    var sumi Int = 0
    var sumr Real = 0.0
    for _, x := range ary {
        switch v := x.(type) {
            case Int: sumi += v
            case Real: sumr += v
       }
    }
    return sumi, sumr
}

func main() {
    var ary[]Num = []Num{
        Int(1),
        Real(1.1),
        Int(2),
        Real(2.2),
        Int(3),
        Real(3.3),
    }
    a, b := sumOfNum(ary)
    fmt.Println(a, b)
}
^o^ > go run type_switch.go
6 6.6
カテゴリー: Go パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください