配列とリスト

Scala には配列(Array)とリスト(List)がある。

Array は ミュータブル、つまり変更ができるけど、List はイミュータブル、つまり変更ができない。これは値としてそうなのであって、変数の var と val の違いではないので注意。

Array

Array から見ていこう。次のように作る。

scala> val arr = Array(1, 2, 3, 4, 5)
arr: Array[Int] = Array(1, 2, 3, 4, 5)

Array は型変数を持つ。要素の型だ。上の例では書かなかったけど、型推論が働いて要素の型が Int になっている。ちゃんと書くならこうなる。

scala> Array[Int](1, 2, 3, 4, 5)
res0: Array[Int] = Array(1, 2, 3, 4, 5)

Array の要素の参照には ( ) を使う。多くの言語では [ ] を使っているのとちょっと違う。インデックスは 0 から。

scala> arr(3)
res1: Int = 4

Array はミュータブルなので、要素を書き換えることができる。

scala> arr
res2: Array[Int] = Array(1, 2, 3, 4, 5)

scala> arr(0) = 7

scala> arr
res4: Array[Int] = Array(7, 2, 3, 4, 5)

0 番目の要素が 7 に書き換わっているのがわかる。

と、いうのが Array なわけだけど、Scala では Array よりも List のほうを多用するらしい。

List

List は Array と似ているけど、イミュータブルなので要素の変更ができない。

scala> val lst = List(1, 2, 3, 4, 5)
lst: List[Int] = List(1, 2, 3, 4, 5)

scala> lst(0)
res5: Int = 1

scala> lst(0) = 7
<console>:13: error: value update is not a member of List[Int]
       lst(0) = 7
       ^

作り方も、要素の参照の仕方も Array と同様だけど、要素を書き換えようとするとエラーが発生する。

List は変更はできないけど、メソッドを使って新しい List を作ることができる。このへんは関数型プログラミングらしく、次々に新しい List を作りながらプログラムを組み立てるようだ。いろいろメソッドがあるみたいだけど、今日のところはこのへんで。

カテゴリー: Scala パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください