リストのメソッド

今日からリスト(List)のメソッドを見ていく。

Nil

Nil は空のリストを表す。Lisp みたいだな。

scala> Nil
res0: scala.collection.immutable.Nil.type = List()

::(コンス)

リストの先頭に要素を付け足す演算子。

scala> 1 :: Nil
res1: List[Int] = List(1)

Scala の演算子っていうのは実はメソッドのシンタックスシュガーで、引数が1つのメソッドは中置記法で書ける。さらに : で終わる演算子は右側のメソッドとして解釈される。だから上の例は次のようにもかける。

scala> Nil.::(1)
res2: List[Int] = List(1)

まぁ、ふつうはこんな書きかたしないけどね。

scala> 1 :: List(2, 3, 4)
res3: List[Int] = List(1, 2, 3, 4)

scala> 1 :: 2 :: 3 :: 4 :: Nil
res4: List[Int] = List(1, 2, 3, 4)

連結

リスト同士を連結するには ++。Haskell といっしょだな。

scala> List(1, 2, 3) ++ List(4, 5)
res5: List[Int] = List(1, 2, 3, 4, 5)

mkString:文字列にフォーマッティングする

リストを文字列にする。mkString にはいくつかのバージョンがあって、まずは引数なしバージョン。これは単に要素を連結した文字列を返す。要素の型は文字列じゃなくてもいいみたいだ。

scala> List(1, 2, 3).mkString
res6: String = 123

次に引数1つのバージョン。引数をセパレータとして連結する。

scala> List(1, 2, 3).mkString("-")
res7: String = 1-2-3

最後に引数3つのバージョン。セパレータに加えて前後を囲む文字を指定する。

scala> List(1, 2, 3).mkString("<", "-", ">")
res8: String = <1-2-3>

さて、今回はこのくらいかな。次はリストの高階関数(メソッドだけど)を見ていこう。

[追記]

Nil のところで、REPL に現れる型が scala.collection.immutable.Nil.type になっている。

scala> Nil
res0: scala.collection.immutable.Nil.type = List()

Nil だけでは要素の型がわからないからこうなるみたいだ。要素の型を指定するにはこうする。

scala> Nil: List[String]
res1: List[String] = List()

覚えておこう。

カテゴリー: Scala パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください