リストのメソッド(2)

今日はリストの高階関数を中心に見ていこう。

foldLeftとfoldRight

まずは畳み込み関数。foldLeft は左から、foldRight は右から畳み込む。

scala> List(1,2,3,4,5).foldLeft("0")((x, y) => List(x, y).mkString("(", ",", ")"))
res0: String = (((((0,1),2),3),4),5)
scala> List(1,2,3,4,5).foldRight("0")((x, y) => List(x, y).mkString("(", ",", ")"))
res1: String = (1,(2,(3,(4,(5,0)))))

畳み込みの初期値と関数が別の引数リストになってる。何のためだろ。

map

map は写像。

scala> List(1,2,3,4,5).map(x => x * x)
res2: List[Int] = List(1, 4, 9, 16, 25)

fileter

条件に合う要素だけを抜き出す。

scala> List(1,2,3,4,5).filter(x => x % 2 == 1)
res3: List[Int] = List(1, 3, 5)

find

条件に合う最初の要素を返す。

scala> List(1,2,3,4,5).find(x => x % 2 == 0)
res4: Option[Int] = Some(2)

Option[Int] って型と Some(2) って値が返ってきた。OCaml でいう Option 型かな。Haskell だと Maybe。

takeWhile

リストの先頭から条件に合っている間だけ抽出する。

scala> List(1,2,3,4,5).takeWhile(x => x < 3)
res5: List[Int] = List(1, 2)

count

条件に合う要素を数える。

scala> List(1,2,3,4,5).count(x => x % 2 == 0)
res6: Int = 2
カテゴリー: Scala パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください