リストのメソッド(3)flatMap

flatMap は、二重のリストの内側のリストを map して、結果をフラットなリストにするメソッドだ。

Ruby で書くとこう。

irb(main):001:0> [[1,2,3], [4,5]].map{|x| x.map{|y| y * y } }.flatten
=> [1, 4, 9, 16, 25]

この、外側の map と flatten をいっぺんにできる。

scala> List(List(1,2,3), List(4,5)).flatMap(x => x.map(y => y * y))
res0: List[Int] = List(1, 4, 9, 16, 25)

さらに、ちょっと工夫すると面白い使い方ができる。

scala> List(1,2,3).flatMap(x => List(10,20).map(y => x + y))
res1: List[Int] = List(11, 21, 12, 22, 13, 23)

外側のリスト List(1,2,3) と内側に現れるリスト List(10,20) とで、あたかも二十ループのようになっている。実際これはつぎの for-comprehension と同じだ。

scala> for (x <- List(1,2,3); y <- List(10,20)) yield x + y
res1: List[Int] = List(11, 21, 12, 22, 13, 23)

というよりも、for-comprehension というのは上の flatMap のシンタックスシュガーなのだそうだ。

じゃぁ、三重のループもできるんだろうか。

scala> List(1,2,3).flatMap(x => List(10,20).flatMap(y => List(100,200).map(z => x + y + z)))
res3: List[Int] = List(111, 211, 121, 221, 112, 212, 122, 222, 113, 213, 123, 223)

できた。

でも for で書いたほうがわかりやすいかな。

カテゴリー: Scala パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください