マップ

マップ(Map)はいわゆる連想配列とか辞書とか呼ばれるデータ構造だ。

マップにはイミュータブルなマップと、ミュータブルなマップがある。なんで両方あるのかはわからない。

イミュータブルなマップ

Scala で単に Map と書くとイミュータブルなマップ(scala.collection.immutable.Map)になる。

scala> val m = Map("A" -> 1, "B" -> 2, "C" -> 3)
m: scala.collection.immutable.Map[String,Int] = Map(A -> 1, B -> 2, C -> 3)

イミュータブルだから変更はできない。次のようにすると変更できるように見えるけど

scala> m.updated("B", 4)
res0: scala.collection.immutable.Map[String,Int] = Map(A -> 1, B -> 4, C -> 3)

これは新しい値が返ってきているだけで、元の m は変更されていない。

scala> m
res1: scala.collection.immutable.Map[String,Int] = Map(A -> 1, B -> 2, C -> 3)

ミュータブルなマップ

ミュータブルなマップ(scala.collection.mutable.Map)を使うには、こうする。

scala> import scala.collection.mutable
import scala.collection.mutable

scala> val m2 = mutable.Map("A" -> 1, "B" -> 2, "C" -> 3)
m2: scala.collection.mutable.Map[String,Int] = Map(A -> 1, C -> 3, B -> 2)

キー B の値を変更してみよう。

scala> m2("B") = 5

すると、変数 m2 の値自体が変更されている。

scala> m2
res3: scala.collection.mutable.Map[String,Int] = Map(A -> 1, C -> 3, B -> 5)
カテゴリー: Scala パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください