CentOS 8 をインストールしてみた

新しい PC を買ったんだ。これまで Dell か HP だったので、今回は Lenovo にしてみた。ThinkCentre M630e Tiny っていうモデル。てのひらにはちょっとあまるけど、超小型 PC と言っていい大きさだ。

で、せっかくなので最近リリースされたばかりの CentOS 8.0.1905 をインストールしてみた。プレインストールされていた Windows 10 は削除。

インストーラは CentoOS 7 と特段変わらない印象。でもデフォルトのインストールタイプ(っていうんだっけ?)が、「サーバー(GUI使用)」になってた。もちろんこれでOK。ひととおりインストールが済んで再起動すると、ちゃんと CentOS が立ち上がった。いつかの Dell の PC みたいに起動しないなんてことはなかった。いい兆候だ。あと、ホスト名は rollo にした。

日本語入力

インストール時に日本語を選んでいるので、メニューとかは日本語になってるんだけど、そのままでは入力はできないようだ。↓このページが参考になった。

cf. デスクトップ環境 : GNOME デスクトップ インストール – Server World

まずは日本語入力プログラムをインストール。

[takatoh@rollo ~]$ sudo dnf -y install ibus-kkc

CentOS 7 までの yum コマンドじゃなくて dnf っていうコマンドでパッケージをインストールするらしい。

それから、背景画面の適当なところで右クリックして設定ウィンドウをひらいて、 Region & Language に移動する。入力ソースの欄で、日本語(かな漢字)を追加すれば準備は完了。画面右上のアイコンをクリックして日本語(かな漢字)を選べば OK だ。あとは半角/全角キーで入力モードを切り替えられる。今日のこのエントリもそうやって書いている。

Ruby とか Python とか

Python が入ってない、と思ったら python3 コマンドだった。

[takatoh@rollo ~]$ python3 -V
Python 3.6.8

Python はデフォルトが 3 系になったらしい。なら python コマンドでいいだろうになんで python3 なんだ。

Ruby は入ってない。のでインストールした。

[takatoh@rollo ~]$ ruby -v
bash: ruby: コマンドが見つかりませんでした…
コマンド ruby' を提供するためにパッケージ 'ruby' をインストールしますか? [N/y] y
キューで待機中… 
パッケージの一覧をロード中。… 
以下のパッケージはインストールされるべきものです:
ruby-2.5.3-104.module_el8.0.0+179+565e49e2.x86_64    An interpreter of object-oriented scripting language
ruby-irb-2.5.3-104.module_el8.0.0+179+565e49e2.noarch    The Interactive Ruby
ruby-libs-2.5.3-104.module_el8.0.0+179+565e49e2.x86_64    Libraries necessary to run Ruby
rubygem-bigdecimal-1.3.4-104.module_el8.0.0+179+565e49e2.x86_64    BigDecimal provides arbitrary-precision floating point decimal arithmetic
rubygem-did_you_mean-1.2.0-104.module_el8.0.0+179+565e49e2.noarch    "Did you mean?" experience in Ruby
rubygem-io-console-0.4.6-104.module_el8.0.0+179+565e49e2.x86_64    IO/Console is a simple console utilizing library
rubygem-json-2.1.0-104.module_el8.0.0+179+565e49e2.x86_64    This is a JSON implementation as a Ruby extension in C
rubygem-openssl-2.1.2-104.module_el8.0.0+179+565e49e2.x86_64    OpenSSL provides SSL, TLS and general purpose cryptography
rubygem-psych-3.0.2-104.module_el8.0.0+179+565e49e2.x86_64    A libyaml wrapper for Ruby
rubygem-rdoc-6.0.1-104.module_el8.0.0+179+565e49e2.noarch    A tool to generate HTML and command-line documentation for Ruby projects
rubygems-2.7.6-104.module_el8.0.0+179+565e49e2.noarch    The Ruby standard for packaging ruby libraries
変更したまま継続しますか? [N/y] y
キューで待機中… 
認証を待ち受け中… 
キューで待機中… 
パッケージをダウンロード中… 
データを要求中… 
変更をテスト中… 
パッケージのインストール中… 
ruby 2.5.3p105 (2018-10-18 revision 65156) [x86_64-linux] 
[takatoh@rollo ~]$ ruby -v
ruby 2.5.3p105 (2018-10-18 revision 65156) [x86_64-linux]

2.5.3 がインストールされた。

というところで、今日はここまで。

カテゴリー: CentOS, Python, Ruby パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください