Visual Studio Community 2019

Visual Studio Community 2019 をインストールしてみた。

ダウンロードはここから、Community 版をダウンロードした。

 cf. https://visualstudio.microsoft.com/ja/downloads/

ダウンロードしたファイルは、必要なファイルをダウンロードしながらインストールするタイプのものだ。実行すると少したって、コンポーネント(っていうのか?)を選ぶ、ワークロードっていう画面になるので、今回は「.NETデスクトップ開発」を選んでみた。なんかダウンロードするファイルが1.2GBくらいあって、しばらく時間がかかる。

インストールが完了すると、Windows の再起動を促される。指示通り再起動。これで完了(たぶん)。

Windows の再起動後、スタートメニューから Visual Studio 2019 を選んで起動すると、最初はサインインの画面になった。takatoh.m@gmail.com でサインインする。初期化かなんかが行われたあと、作業できるようになる。

「新しいプロジェクトの作成」を選んでみよう。とりあえず「コンソールアプリ」。プロジェクト名を入力して「作成」をクリック。すると、どうやらサンプルとして、いわゆる hello wold プログラムのコードが書かれている画面になる。これがプロジェクトの編集画面らしい。

というわけで、ひとまずは大丈夫のようだ。あと2カ月で年も変わるし、C# でもやってみるかな。

カテゴリー: Windows パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください