Samba がこわれた

ローカルネットワーク上に作った Samba サーバがこわれた。先週の土曜日の話で、細かいことは覚えてないのでおおまかに書く。

最初に書いておくと、この Samba サーバは、ホスト名を wplj といい、OS は Ubuntu 16.04。

事の発端は Samba サーバにユーザを限定した共有フォルダを作ろうとしたことだ。下のページあたりを参考に /etc/samba/smb.conf ファイルに追記して samba サービスをリスタートしたところ、エラーになった。

 cf. アクセス権付の共有フォルダ作成 – Server World

追記した部分を削除してリスタートしてもエラーになる。仕方がないので Samba 自体をいったん削除してインストールしなおしても同じだった。再インストール後は最低限の設定だけで、共有フォルダを作らなくてもエラーになるんだから訳がわからない。設定自体は、さっきまで動いていた設定ファイル(バックアップしておいた)からコピペしたんだから間違ってないはずだ。どういうわけさ。

Samba サーバは Windows マシンのデータバックアップ用で、データ自体は残っているので大丈夫といえば大丈夫なんだけど、Windows からアクセスできなくなったのは不便だ。どうしようか。

[追記]

とりあえず、データバックアップ用サーバの nightschool にデータを移動して、Samba サーバを立てた。nightschool は CentOS 7.7 だけど、すんなりといった。何が違うんだ。

とにかく、データに Windows からもアクセスできるようにはなったので良しとする。上に書いたように Samba は Windows マシンのデータバックアップ用途だったので、そういう意味では nightschool にまとまってよかったのかも。

ユーザを限定した共有フォルダを作る件についてはまた今度。

カテゴリー: Misc, Ubuntu パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください