Python: pipでローカルネットワー上のプライベートなリポジトリからインストールする

仕事で使うちょっとしたツール(大抵はテキスト処理のツール)を Python で書いたりしてるんだけど、一つ不便なことがある。職場のネットワークから PyPI にアクセスできないんだ。

まぁ、セキュリティだの何だの考えるとインターネットへのアクセスを制限するのもわからないではない。

幸いブラウザでは繋がるので、ファイルを一つずつダウンロードしてからインストールすることは可能で、今までそうやってたんだけど不便なことこの上ない。パッケージがファイル一つで済むならまだいいんだけど、他のパッケージに依存してたりすると、正直やる気が失せてくるし、同僚に使ってもらおうというときにもハードルが高い。

さて、今日になって pip install コマンドの --find-links オプションでパッケージ置き場の URL を指定できることを知った。pypiserver みたいな PyPI クローンのサーバじゃなくて、ディレクトリにパッケージファイルを置いておくだけでいい。

早速、自宅の HTTP サーバにディレクトリを公開して試してみた。こんな感じ。

[email protected]:~$ pip install filtre --find-links http://nightschool/py-packages/ --trusted-host nightschool
Looking in links: http://nightschool/py-packages/
Collecting filtre
  Downloading http://nightschool/py-packages/filtre-0.1.0-py3-none-any.whl (1.9 kB)
Installing collected packages: filtre
Successfully installed filtre-0.1.0

http://nightschool/py-packages/ がパッケージファイルを置いてあるディレクトリの URL。--trusted-host nightschool オプションを指定してるのは HTTPS じゃなくて HTTP だから。filtre ってのは自作のパッケージね。

さらに、Windows なら file: スキーマでも行ける。上のディレクトリは Samba で共有フォルダにしてあって file://nightschool/shared/py-packages/ でアクセスできるので、こうすればいい。

[email protected]: Documents > pip install filtre --find-links file://nightschool/shared/py-packages/ --user
Looking in links: file://nightschool/shared/py-packages/
Processing \\nightschool\shared\py-packages\filtre-0.1.0-py3-none-any.whl
Installing collected packages: filtre
Successfully installed filtre-0.1.0

やぁ、これでだいぶ楽になるぞ。

ちなみに、パッケージファイルをダウンロード(インストールじゃなくて)するには pip download コマンドを使えば依存パッケージも含めてダウンロードしてくれる。使いそうなパッケージを自宅でダウンロードしたら、職場に持っていってまとめて適当な共有フォルダに放り込んでおけばいい。

[追記]

pip install コマンドの --find-links オプションや --trusted-host オプションは、pip の設定ファイルに書いておけばいちいち指定しなくてもいい。こんな感じ。

[install]
find-links = http://nightschool/py-packages/
trusted-host = nightschool

pip の設定ファイルは、Linux なら ~/.conf/pip/pip.conf、Windows なら %APPDATA%\pip\pip.ini。

カテゴリー: Python パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください