DockerでSambaサーバをたてたけど外部からつながらない

昨日・今日といろいろ調べながら作業をしたけど、何が悪いのかわからない。もう Docker を使うのは諦めて、Ubuntu に直接 Samba サーバをインストールすることにしようと思うが、記録だけ残しておく。あ、「外部」ってのはローカルネットワーク上の別の PC のこと。

環境

ホストはこの間インストールした Ubuntu Server 22.04 だ。マシン自体は古いけど、いま Samba サーバになってるマシン(これは CentOS 7)はもっと古いので、これを置きかえるつもり。

  • Ubuntu Server 22.04 LTS
  • Docker version 20.10.14, build a224086349
  • docker-compose version 1.29.2, build unknown
  • dperson/samba (Samba の Docker イメージ)

Docker と docker-compose は Ubuntu のインストール時に一緒にインストールしたもの。Samba には公式の Docker イメージがないらしく、ググるとこの dperson/samba がよく使われてるようなのでこれにした。

Samba サーバをたてる

あちこちのページを参考にして、docker-compose.yml ファイルはこうした。

version: "3"

services:

  samba:
    image: dperson/samba
    container_name: samba
    restart: always
    ports:
      - "137:137"
      - "138:138"
      - "139:139"
      - "445:445"
    volumes:
      - "/mnt/data/samba:/mnt/public"
    command: [
      "-r",
      "-S",
      "-w", "PANICBLANKET",
      "-s", "public;/mnt/public;yes;no;yes;all"
    ]

これで Docker コンテナを起動してやる。

[email protected]:~$ docker-compose up -d
Creating network "takatoh_default" with the default driver
Creating samba ... done
[email protected]:~$ docker-compose ps
Name              Command                State                  Ports           
--------------------------------------------------------------------------------
samba   /sbin/tini -- /usr/bin/sam    Up (healthy)   0.0.0.0:137->137/tcp,:::137
        ...                                          ->137/tcp, 137/udp, 0.0.0.0
                                                     :138->138/tcp,:::138->138/t
                                                     cp, 138/udp, 0.0.0.0:139->1
                                                     39/tcp,:::139->139/tcp, 0.0
                                                     .0.0:445->445/tcp,:::445->4
                                                     45/tcp

次に、外部から接続できるようにホスト側のファイアウォールを設定する。Samba に関連するポートは、137、138、139、445 だ。ufw コマンドで接続を許可する。

[email protected]:~$ sudo ufw allow 137
Rule added
Rule added (v6)
[email protected]:~$ sudo ufw allow 138
Rule added
Rule added (v6)
[email protected]:~$ sudo ufw allow 139
Rule added
Rule added (v6)
[email protected]:~$ sudo ufw allow 445
Rule added
Rule added (v6)

そして、ファイアウォールを有効化。

[email protected]:~$ sudo ufw enable
Command may disrupt existing ssh connections. Proceed with operation (y|n)? y
Firewall is active and enabled on system startup

次のような状態になった。

[email protected]:~$ sudo ufw status
Status: active

To                         Action      From
--                         ------      ----
22/tcp                     ALLOW       Anywhere                  
137                        ALLOW       Anywhere                  
138                        ALLOW       Anywhere                  
139                        ALLOW       Anywhere                  
445                        ALLOW       Anywhere                  
22/tcp (v6)                ALLOW       Anywhere (v6)             
137 (v6)                   ALLOW       Anywhere (v6)             
138 (v6)                   ALLOW       Anywhere (v6)             
139 (v6)                   ALLOW       Anywhere (v6)             
445 (v6)                   ALLOW       Anywhere (v6)

これで完了(のはず)。

Windows から接続テスト

Samba サーバは出来上がったはずなので、Windows マシンから接続できるかテストしてみたところ、つながらない。共有フォルダどころか、コンピュータ(ホスト名は wplj)さえも見つからないと言われる。困った。

ネットワークの確認

Samba サーバをたてた wplj とは別の Ubuntu マシン(ホスト名は apostrophe)から、ネットワーク手金接続できるのかを確認してみた。

まずは ping

[email protected]:~$ ping wplj
PING wplj (192.168.2.12) 56(84) バイトのデータ
64 バイト応答 送信元 wplj (192.168.2.12): icmp_seq=1 ttl=64 時間=0.619ミリ秒
64 バイト応答 送信元 wplj (192.168.2.12): icmp_seq=2 ttl=64 時間=0.538ミリ秒
64 バイト応答 送信元 wplj (192.168.2.12): icmp_seq=3 ttl=64 時間=1.15ミリ秒
64 バイト応答 送信元 wplj (192.168.2.12): icmp_seq=4 ttl=64 時間=0.694ミリ秒
^C
--- wplj ping 統計 ---
送信パケット数 4, 受信パケット数 4, パケット損失 0%, 時間 3057ミリ秒
rtt 最小/平均/最大/mdev = 0.538/0.750/1.150/0.237ミリ秒

OK。そりゃそうだ、SSH で接続できてんだから。

なら、ポートが使えるかどうかを書くにする nc コマンド。繋がるのがわかっている 22 番ポート(SSH)で試してみるとこうなる。

[email protected]:~$ nc -vz wplj 22
Connection to wplj 22 port [tcp/ssh] succeeded!

では、Samba の使っている(はず)のポートではどうか。

[email protected]:~$ nc -vz -u wplj 137
[email protected]:~$ nc -vz -u wplj 138
[email protected]:~$ nc -vz wplj 139
nc: connect to wplj port 139 (tcp) failed: Connection refused
[email protected]:~$ nc -vz wplj 445
nc: connect to wplj port 445 (tcp) failed: Connection refused

137 番と 138 番で -u オプションを指定してるのは udp だから。何も出力されてないのは、接続できないからだ。tcp をつかう 139 番と 445 番は「失敗した」と明快に出力されてる。

一方のサーバ(wplj)側ではどうだろう。ss コマンドを使う。

[email protected]:~$ ss -natu
Netid State  Recv-Q Send-Q                      Local Address:Port Peer Address:Port                                   Process                                  
udp   UNCONN 0      0                           127.0.0.53%lo:53        0.0.0.0:*                                                                               
udp   UNCONN 0      0                     192.168.2.12%enp1s0:68        0.0.0.0:*                                                                               
udp   UNCONN 0      0      [fe80::cad3:ffff:fe9d:2f5f]%enp1s0:546          [::]:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                        127.0.0.53%lo:53        0.0.0.0:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      128                               0.0.0.0:22        0.0.0.0:*                                                                               
tcp   ESTAB  0      0                            192.168.2.12:22   192.168.2.14:58570                                                                           
tcp   LISTEN 0      128                                  [::]:22           [::]:*

Status の UNCONNLISTEN はそれぞれ udp、tcp の待受状態を表す。一つだけある ESTAB はつながっていることを表していて、これは SSH(22番ポート)だ。見事に Samba 関連のポートがない。

[追記]

いまためしたら、Samba のコンテナが起動してなかった。起動した上で ss コマンドを試すとこうなった。

[email protected]:~$ ss -natu
Netid State  Recv-Q Send-Q                      Local Address:Port Peer Address:Port                                   Process                                  
udp   UNCONN 0      0                           127.0.0.53%lo:53        0.0.0.0:*                                                                               
udp   UNCONN 0      0                     192.168.2.12%enp1s0:68        0.0.0.0:*                                                                               
udp   UNCONN 0      0      [fe80::cad3:ffff:fe9d:2f5f]%enp1s0:546          [::]:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                              0.0.0.0:137       0.0.0.0:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                              0.0.0.0:138       0.0.0.0:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                              0.0.0.0:139       0.0.0.0:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                        127.0.0.53%lo:53        0.0.0.0:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      128                               0.0.0.0:22        0.0.0.0:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                              0.0.0.0:445       0.0.0.0:*                                                                               
tcp   ESTAB  0      0                            192.168.2.12:22   192.168.2.14:58570                                                                           
tcp   LISTEN 0      4096                                 [::]:137          [::]:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                                 [::]:138          [::]:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                                 [::]:139          [::]:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      128                                  [::]:22           [::]:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                                 [::]:445          [::]:*

Samba 関連のポートを待受けるようになった。けど、やっぱり他のコンピュータからはつながらない。

[email protected]:~$ nc -u -vz wplj 137
[email protected]:~$ nc -u -vz wplj 138
[email protected]:~$ nc -vz wplj 139
nc: connect to wplj port 139 (tcp) failed: Connection timed out
[email protected]:~$ nc -vz wplj 445
nc: connect to wplj port 445 (tcp) failed: Connection timed out

[追記ここまで]

まとめ

というわけで、どうやら Docker でたてた Samba のせいじゃなく、コンピュータ間で通信できてないように見える。SSH は問題なくつながってるのに何が違うんだ?

カテゴリー: misc, Ubuntu, Windows パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください