Luhnアルゴリズムでクレジットカードの番号をチェック:Haskell版

こないだやったLuhnアルゴリズムでのチェックをHaskellでもやってみた。

module Main (main) where

import Data.Char

numbers = [
  "5555555555554444",
  "5105105105105100",
  "4111111111111111",
  "4012888888881881",
  "3530111333300000",
  "3566002020360505",
  "30569309025904",
  "38520000023237",
  "378282246310005",
  "371449635398431",
  "378734493671000",
  "6011111111111117",
  "6011000990139424"
]

checkNumber num = sum' mod 10 == 0
  where
    sum' = sum $ zipWith add' (cycle [1,2]) (reverse num)
    add' x y = let z = x * digitToInt y
    in
    if z > 9 then z - 9 else z

main = mapM_ (print . checkNumber) numbers

実行結果:

^o^ > runhaskell checkCardNumber.hs
True
True
True
True
True
True
True
True
True
True
True
True
True
カテゴリー: algorithm, Haskell パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください