Luhnアルゴリズムでクレジットカードの番号をチェック

クレジットカード番号のチェックサムには Luhnアルゴリズムというのが使われているのを知った。

cf. Luhnアルゴリズムでクレジットカードの番号をチェック – brainstorm
cf. Luhnアルゴリズム – Wikipedia

Rubyでやってみた。

# coding: utf-8
#
# Check number with Luhn algorithm

def check_number(digits)
  even = false
  sum = digits.reverse.split(//).inject(0) do |s, d|
    d = d.to_i
    if even
      d = d * 2
      s -= 9 if d > 9
    end
    even = !even
    s += d
  end
  sum % 10 == 0
end


NUMBERS = [
  '5555555555554444',
  '5105105105105100',
  '4111111111111111',
  '4012888888881881',
  '3530111333300000',
  '3566002020360505',
  '30569309025904',
  '38520000023237',
  '378282246310005',
  '371449635398431',
  '378734493671000',
  '6011111111111117',
  '6011000990139424'
]

NUMBERS.each do |digits|
  puts check_number(digits)
end

カード番号の例は↓ここで紹介されているもの。
cf. ECサイトの動作テストに使える、クレジットカードのテスト番号一覧 – Webクリエイターボックス

実行結果:

^o^ > check_card_numbers.rb
true
true
true
true
true
true
true
true
true
true
true
true
true

カテゴリー: algorithm, Ruby パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください