CentOS 7上でbottleアプリをuWSGIで動かす(2)

一昨日の続き。今日は、アプリをデーモンとして動かす。
まず最初に、uWSGI の設定ファイルをちょっと書き換える。

最後の行を変更した。logger を daemonize に変えると何故かデーモンとしてバックグラウンドで動くようになるという、uWSGI のよくわからない仕様。

無事バックグラウンドで動くようになったら、systemd のサービスになるように設定ファイル /etc/systemd/system/lcstorage.service を書く。

これでいいはず。試してみよう。

[lcstorage@bigswifty system]$ sudo systemctl start lcstorage
[sudo] lcstorage のパスワード:
[lcstorage@bigswifty system]$ ps ax | grep uwsgi
28937 ?        S      0:00 /usr/bin/uwsgi /home/lcstorage/lcstorage/lcstorage.ini
28946 ?        S      0:00 /usr/bin/uwsgi /home/lcstorage/lcstorage/lcstorage.ini
28947 ?        S      0:00 /usr/bin/uwsgi /home/lcstorage/lcstorage/lcstorage.ini
28949 pts/1    S+     0:00 grep --color=auto uwsgi

成功のようだ。他のマシンのブラウザからも確認できた。

最後に、マシンの起動にあわせて自動的に起動するようにする。

[lcstorage@bigswifty system]$ sudo systemctl enable lcstorage
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/lcstorage.service to /etc/systemd/system/lcstorage.service.

さあ、あしたは Nginx 経由でアクセスできるようにしよう。時間があったらだけど。

CentOS 7上でbottleアプリをuWSGIで動かす

専用ユーザーの作成

[takatoh@bigswifty ~]$ sudo useradd lcstorage
[sudo] takatoh のパスワード:
[takatoh@bigswifty ~]$ sudo passwd lcstorage
ユーザー lcstorage のパスワードを変更。
新しいパスワード:
よくないパスワード: このパスワードには一部に何らかの形でユーザー名が含まれています。
新しいパスワードを再入力してください:
passwd: すべての認証トークンが正しく更新できました。

よくないパスワードとか言われてるけど無視。sudo する権利をつける。

[takatoh@bigswifty ~]$ sudo usermod -G wheel lcstorage

ここからは新しいユーザーでの作業になるので、ログインし直し。

bottleアプリの配置

bitbucket.org から clone。

[lcstorage@bigswifty ~]$ git clone https://takatoh@bitbucket.org/takatoh/lathercraft-storage-py.git lcstorage
Cloning into 'lcstorage'...
Password for 'https://takatoh@bitbucket.org': 
remote: Counting objects: 127, done.
remote: Total 127 (delta 0), reused 0 (delta 0)
Receiving objects: 100% (127/127), 13.63 KiB | 0 bytes/s, done.
Resolving deltas: 100% (55/55), done.

中に入って virtualenv を作成。

[lcstorage@bigswifty ~]$ cd lcstorage
[lcstorage@bigswifty lcstorage]$ virtualenv env
New python executable in /home/lcstorage/lcstorage/env/bin/python2
Also creating executable in /home/lcstorage/lcstorage/env/bin/python
Installing setuptools, pip, wheel...
done.
[lcstorage@bigswifty lcstorage]$ source env/bin/activate
(env) [lcstorage@bigswifty lcstorage]$

依存ライブラリのインストール。

(env) [lcstorage@bigswifty lcstorage]$ pip install -r requirements.txt
Collecting PyYAML==3.12 (from -r requirements.txt (line 1))
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/4a/85/db5a2df477072b2902b0eb892feb37d88ac635d36245a72a6a69b23b383a/PyYAML-3.12.tar.gz (253kB)
    100% |████████████████████████████████| 256kB 6.9MB/s 
Collecting bottle==0.12.10 (from -r requirements.txt (line 2))
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/5c/a9/f157af11b37834db992b14e43ade37a1bdc141485657cfa36dc1d99420a6/bottle-0.12.10-py2-none-any.whl (88kB)
    100% |████████████████████████████████| 92kB 8.9MB/s 
Collecting requests==2.12.3 (from -r requirements.txt (line 3))
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/84/68/f0acceafe80354aa9ff4ae49de0572d27929b6d262f0c55196424eb86b2f/requests-2.12.3-py2.py3-none-any.whl (575kB)
    100% |████████████████████████████████| 583kB 8.1MB/s 
Building wheels for collected packages: PyYAML
  Running setup.py bdist_wheel for PyYAML ... done
  Stored in directory: /home/lcstorage/.cache/pip/wheels/03/05/65/bdc14f2c6e09e82ae3e0f13d021e1b6b2481437ea2f207df3f
Successfully built PyYAML
Installing collected packages: PyYAML, bottle, requests
Successfully installed PyYAML-3.12 bottle-0.12.10 requests-2.12.3

アプリの設定ファイルを作って、起動確認。設定はとりあえずはデフォルトのままで。

(env) [lcstorage@bigswifty lcstorage]$ cp config.yaml.example config.yaml
(env) [lcstorage@bigswifty lcstorage]$ python index.py
Bottle v0.12.10 server starting up (using WSGIRefServer())...
Listening on http://0.0.0.0:8080/
Hit Ctrl-C to quit.

よし、大丈夫そうだ。じゃ、virtualenv をぬけて uWSGI に行くぞ。

uWSGIで起動

まずは uWSGI のインストール。

[lcstorage@bigswifty lcstorage]$ sudo pip install uwsgi
Collecting uwsgi
  Using cached https://files.pythonhosted.org/packages/a2/c9/a2d5737f63cd9df4317a4acc15d1ddf4952e28398601d8d7d706c16381e0/uwsgi-2.0.17.1.tar.gz
Installing collected packages: uwsgi
  Running setup.py install for uwsgi ... done
Successfully installed uwsgi-2.0.17.1
You are using pip version 8.1.2, however version 18.1 is available.
You should consider upgrading via the 'pip install --upgrade pip' command.

上では省略しちゃったけど、最初のインストールの時にエラーが出て、sudo yum install gcc python2-devel しなきゃならなかった。
ともかくインストールできたので、コマンドラインから起動してみる。

[lcstorage@bigswifty lcstorage]$ uwsgi --http :8080 --wsgi-file index.py -H env

他のマシンからアクセスしたら、ちゃんと動いていたのでOK。

設定ファイルを書く。

起動確認。

[lcstorage@bigswifty lcstorage]$ uwsgi lcstorage.ini
[uWSGI] getting INI configuration from lcstorage.ini

OK。大丈夫そうだ。

とりあえずここまで。

リスト(配列)の中で隣り合う同じ値をグループ化する

リストでも配列でもいいけど、つまりこういうのを

[1, 1, 2, 2, 3, 1, 1]

こうしたい。

[[1, 1], [2, 2], [3], [1, 1]]

Ruby でやってみた。

^o^ >ruby adjacent_group.rb
[[1, 1], [2, 2], [3], [1, 1]]

おなじく Python で。

^o^ >python adjacent_group.py
[[1, 1], [2, 2], [3], [1, 1]]

ちょっとベタだな。もう少しスマートにいかないものか、と考えて Ruby の Array#inject が使えそうだと思いついた。

^o^ >ruby adjacent_group2.rb
[[1, 1], [2, 2], [3], [1, 1]]

うまくいった。

さて、じゃ、Python ではどうか。reduce を使えば同じことができると考えたけど、Python の reduce は初期値がとれない。まあ、それはリストの頭に初期値をつけてやれば済む話ではあるけど、もうひとつ問題がある。Ruby の Array#inject はブロックをとれるけど、Python の reduce には関数を渡してやらなきゃいけないので、関数定義がひとつ増えてしまう。一行では書けないので lambda 式は使えない。
というわけで、上のようにベタに書いたほうがまだマシそうだ。何かいい書き方があったら、誰か教えてください。

[追記](9/25)

Ruby の2つ目の実装では、引数に空の配列を渡したときに期待通りに動作しない([[]] が返ってきてしまう)。そこでちょっと直したのがこれ。

^o^ >ruby adjacent_group.rb
[[1, 1], [2, 2], [3], [1, 1]]
[]

これでいいだろう。

Surface GoにAnaconda3をインストール

先日保留にしていた Python だけれど、結局 Jupyter Notebook を使ってみたくて Anaconda をインストールした。Anaconda は Python のディストリビューションのひとつで、科学計算関係のライブラリが多くバンドルされていて、そっち方面でよく使われているようだ。
まぁ、科学計算はともかく、Jupyter Notebook も使えるようになるというので Anaconda を選んだってわけ。
インストールは chocolatey を使った。

PS C:\Windows\system32> choco install anaconda3
Chocolatey v0.10.11
Installing the following packages:
anaconda3
By installing you accept licenses for the packages.
Progress: Downloading anaconda3 5.1.0... 100%

anaconda3 v5.1.0 [Approved]
anaconda3 package files install completed. Performing other installation steps.
The package anaconda3 wants to run 'chocolateyinstall.ps1'.
Note: If you don't run this script, the installation will fail.
Note: To confirm automatically next time, use '-y' or consider:
choco feature enable -n allowGlobalConfirmation
Do you want to run the script?([Y]es/[N]o/[P]rint): Y

WARNING: installing anaconda3, this can take a long time, because the installer will write tons of files on your disk
WARNING: Please sit back and relax
WARNING: This usually will take 10-15 mins on an SSD, and about 30 mins on HDD
WARNING:
WARNING: If you want to make sure the program is running, you can open Task Manager
WARNING: you will find the installer running in Background Process
WARNING: Url has SSL/TLS available, switching to HTTPS for download
Downloading anaconda3 64 bit
  from 'https://repo.continuum.io/archive/Anaconda3-5.1.0-Windows-x86_64.exe'
Progress: 100% - Completed download of C:\Users\takatoh\AppData\Local\Temp\chocolatey\anaconda3\5.1.0\Anaconda3-5.1.0-Windows-x86_64.exe (537.08 MB).
Download of Anaconda3-5.1.0-Windows-x86_64.exe (537.08 MB) completed.
Hashes match.
Installing anaconda3...
anaconda3 has been installed.
  anaconda3 can be automatically uninstalled.
 The install of anaconda3 was successful.
  Software installed to 'C:\tools\anaconda3'

Chocolatey installed 1/1 packages.
 See the log for details (C:\ProgramData\chocolatey\logs\chocolatey.log).

コマンドひとつでインストールできるのはいいけど、500MB 以上あるじゃないか。えらい時間がかかった。

で、これで Python が使えるようになったかというと、だめだった。python は C:\tools\Anaconda3 にインストールされているけど、パスが通っていない。chocolatey がやってくれなかったみたいだ。仕方がないので、自分でパスを通した。

PS C:\Users\takatoh> python -V
Python 3.6.4 :: Anaconda, Inc.

これでOK。

[追記]

上記で Python は使えるようになったけど、pip や Anaconda のパッケージマネージャである conda コマンドは相変わらず使えない。使えるようにするには C:\tools\Anaconda\Scripts にパスを通す。通したうえで conda list コマンドを実行してみると、これだけのパッケージがインストールされているのがわかる。

PS C:\Users\takatoh> conda list
# packages in environment at C:\tools\Anaconda3:
#
# Name                    Version                   Build  Channel
_ipyw_jlab_nb_ext_conf    0.1.0            py36he6757f0_0
alabaster                 0.7.10           py36hcd07829_0
anaconda                  5.1.0                    py36_2
anaconda-client           1.6.9                    py36_0
anaconda-navigator        1.7.0                    py36_0
anaconda-project          0.8.2            py36hfad2e28_0
asn1crypto                0.24.0                   py36_0
astroid                   1.6.1                    py36_0
astropy                   2.0.3            py36hfa6e2cd_0
attrs                     17.4.0                   py36_0
babel                     2.5.3                    py36_0
backports                 1.0              py36h81696a8_1
backports.shutil_get_terminal_size 1.0.0            py36h79ab834_2
beautifulsoup4            4.6.0            py36hd4cc5e8_1
bitarray                  0.8.1            py36hfa6e2cd_1
bkcharts                  0.2              py36h7e685f7_0
blaze                     0.11.3           py36h8a29ca5_0
bleach                    2.1.2                    py36_0
bokeh                     0.12.13          py36h047fa9f_0
boto                      2.48.0           py36h1a776d2_1
bottleneck                1.2.1            py36hd119dfa_0
bzip2                     1.0.6                hbe05fcf_4
ca-certificates           2017.08.26           h94faf87_0
certifi                   2018.1.18                py36_0
cffi                      1.11.4           py36hfa6e2cd_0
chardet                   3.0.4            py36h420ce6e_1
click                     6.7              py36hec8c647_0
cloudpickle               0.5.2                    py36_1
clyent                    1.2.2            py36hb10d595_1
colorama                  0.3.9            py36h029ae33_0
comtypes                  1.1.4                    py36_0
conda                     4.4.10                   py36_0
conda-build               3.4.1                    py36_0
conda-env                 2.6.0                h36134e3_1
conda-verify              2.0.0            py36h065de53_0
console_shortcut          0.1.1                h6bb2dd7_3
contextlib2               0.5.5            py36he5d52c0_0
cryptography              2.1.4            py36he1d7878_0
curl                      7.58.0               h7602738_0
cycler                    0.10.0           py36h009560c_0
cython                    0.27.3           py36h22f4c84_0
cytoolz                   0.9.0            py36hfa6e2cd_0
dask                      0.16.1                   py36_0
dask-core                 0.16.1                   py36_0
datashape                 0.5.4            py36h5770b85_0
decorator                 4.2.1                    py36_0
distributed               1.20.2                   py36_0
docutils                  0.14             py36h6012d8f_0
entrypoints               0.2.3            py36hfd66bb0_2
et_xmlfile                1.0.1            py36h3d2d736_0
fastcache                 1.0.2            py36hfa6e2cd_2
filelock                  2.0.13           py36h20000bf_0
flask                     0.12.2           py36h98b5e8f_0
flask-cors                3.0.3            py36h8a3855d_0
freetype                  2.8                  h51f8f2c_1
get_terminal_size         1.0.0                h38e98db_0
gevent                    1.2.2            py36h342a76c_0
glob2                     0.6              py36hdf76b57_0
greenlet                  0.4.12           py36ha00ad21_0
h5py                      2.7.1            py36he54a1c3_0
hdf5                      1.10.1               h98b8871_1
heapdict                  1.0.0                    py36_2
html5lib                  1.0.1            py36h047fa9f_0
icc_rt                    2017.0.4             h97af966_0
icu                       58.2                 ha66f8fd_1
idna                      2.6              py36h148d497_1
imageio                   2.2.0            py36had6c2d2_0
imagesize                 0.7.1            py36he29f638_0
intel-openmp              2018.0.0             hd92c6cd_8
ipykernel                 4.8.0                    py36_0
ipython                   6.2.1            py36h9cf0123_1
ipython_genutils          0.2.0            py36h3c5d0ee_0
ipywidgets                7.1.1                    py36_0
isort                     4.2.15           py36h6198cc5_0
itsdangerous              0.24             py36hb6c5a24_1
jdcal                     1.3              py36h64a5255_0
jedi                      0.11.1                   py36_0
jinja2                    2.10             py36h292fed1_0
jpeg                      9b                   hb83a4c4_2
jsonschema                2.6.0            py36h7636477_0
jupyter                   1.0.0                    py36_4
jupyter_client            5.2.2                    py36_0
jupyter_console           5.2.0            py36h6d89b47_1
jupyter_core              4.4.0            py36h56e9d50_0
jupyterlab                0.31.4                   py36_0
jupyterlab_launcher       0.10.2                   py36_0
lazy-object-proxy         1.3.1            py36hd1c21d2_0
libcurl                   7.58.0               h7602738_0
libiconv                  1.15                 h1df5818_7
libpng                    1.6.34               h79bbb47_0
libssh2                   1.8.0                hd619d38_4
libtiff                   4.0.9                h0f13578_0
libxml2                   2.9.7                h79bbb47_0
libxslt                   1.1.32               hf6f1972_0
llvmlite                  0.21.0           py36he0b0552_0
locket                    0.2.0            py36hfed976d_1
lxml                      4.1.1            py36hef2cd61_1
lzo                       2.10                 h6df0209_2
markupsafe                1.0              py36h0e26971_1
matplotlib                2.1.2            py36h016c42a_0
mccabe                    0.6.1            py36hb41005a_1
menuinst                  1.4.11           py36hfa6e2cd_0
mistune                   0.8.3                    py36_0
mkl                       2018.0.1             h2108138_4
mkl-service               1.1.2            py36h57e144c_4
mpmath                    1.0.0            py36hacc8adf_2
msgpack-python            0.5.1            py36he980bc4_0
multipledispatch          0.4.9            py36he44c36e_0
navigator-updater         0.1.0            py36h8a7b86b_0
nbconvert                 5.3.1            py36h8dc0fde_0
nbformat                  4.4.0            py36h3a5bc1b_0
networkx                  2.1                      py36_0
nltk                      3.2.5            py36h76d52bb_0
nose                      1.3.7            py36h1c3779e_2
notebook                  5.4.0                    py36_0
numba                     0.36.2          np114py36h12cb543_0
numexpr                   2.6.4            py36h30784b8_0
numpy                     1.14.0           py36h4a99626_1
numpydoc                  0.7.0            py36ha25429e_0
odo                       0.5.1            py36h7560279_0
olefile                   0.45.1                   py36_0
openpyxl                  2.4.10                   py36_0
openssl                   1.0.2n               h74b6da3_0
packaging                 16.8             py36ha0986f6_1
pandas                    0.22.0           py36h6538335_0
pandoc                    1.19.2.1             hb2460c7_1
pandocfilters             1.4.2            py36h3ef6317_1
parso                     0.1.1            py36hae3edee_0
partd                     0.3.8            py36hc8e763b_0
path.py                   10.5             py36h2b94a8f_0
pathlib2                  2.3.0            py36h7bfb78b_0
patsy                     0.5.0                    py36_0
pep8                      1.7.1                    py36_0
pickleshare               0.7.4            py36h9de030f_0
pillow                    5.0.0            py36h0738816_0
pip                       9.0.1            py36h226ae91_4
pkginfo                   1.4.1            py36hb0f9cfa_1
pluggy                    0.6.0            py36hc7daf1e_0
ply                       3.10             py36h1211beb_0
prompt_toolkit            1.0.15           py36h60b8f86_0
psutil                    5.4.3            py36hfa6e2cd_0
py                        1.5.2            py36hbcfbabc_0
pycodestyle               2.3.1            py36h7cc55cd_0
pycosat                   0.6.3            py36h413d8a4_0
pycparser                 2.18             py36hd053e01_1
pycrypto                  2.6.1            py36hfa6e2cd_7
pycurl                    7.43.0.1         py36h74b6da3_0
pyflakes                  1.6.0            py36h0b975d6_0
pygments                  2.2.0            py36hb010967_0
pylint                    1.8.2                    py36_0
pyodbc                    4.0.22           py36h6538335_0
pyopenssl                 17.5.0           py36h5b7d817_0
pyparsing                 2.2.0            py36h785a196_1
pyqt                      5.6.0            py36hb5ed885_5
pysocks                   1.6.7            py36h698d350_1
pytables                  3.4.2            py36h71138e3_2
pytest                    3.3.2                    py36_0
python                    3.6.4                h6538335_1
python-dateutil           2.6.1            py36h509ddcb_1
pytz                      2017.3           py36h1d3fa6b_0
pywavelets                0.5.2            py36hc649158_0
pywin32                   222              py36hfa6e2cd_0
pywinpty                  0.5              py36h6538335_1
pyyaml                    3.12             py36h1d1928f_1
pyzmq                     16.0.3           py36he714bf5_0
qt                        5.6.2           vc14h6f8c307_12  [vc14]
qtawesome                 0.4.4            py36h5aa48f6_0
qtconsole                 4.3.1            py36h99a29a9_0
qtpy                      1.3.1            py36hb8717c5_0
requests                  2.18.4           py36h4371aae_1
rope                      0.10.7           py36had63a69_0
ruamel_yaml               0.15.35          py36hfa6e2cd_1
scikit-image              0.13.1           py36hfa6e2cd_1
scikit-learn              0.19.1           py36h53aea1b_0
scipy                     1.0.0            py36h1260518_0
seaborn                   0.8.1            py36h9b69545_0
send2trash                1.4.2                    py36_0
setuptools                38.4.0                   py36_0
simplegeneric             0.8.1                    py36_2
singledispatch            3.4.0.3          py36h17d0c80_0
sip                       4.18.1           py36h9c25514_2
six                       1.11.0           py36h4db2310_1
snowballstemmer           1.2.1            py36h763602f_0
sortedcollections         0.5.3            py36hbefa0ab_0
sortedcontainers          1.5.9                    py36_0
sphinx                    1.6.6                    py36_0
sphinxcontrib             1.0              py36hbbac3d2_1
sphinxcontrib-websupport  1.0.1            py36hb5e5916_1
spyder                    3.2.6                    py36_0
sqlalchemy                1.2.1            py36hfa6e2cd_0
sqlite                    3.22.0               h9d3ae62_0
statsmodels               0.8.0            py36h6189b4c_0
sympy                     1.1.1            py36h96708e0_0
tblib                     1.3.2            py36h30f5020_0
terminado                 0.8.1                    py36_1
testpath                  0.3.1            py36h2698cfe_0
tk                        8.6.7                hcb92d03_3
toolz                     0.9.0                    py36_0
tornado                   4.5.3                    py36_0
traitlets                 4.3.2            py36h096827d_0
typing                    3.6.2            py36hb035bda_0
unicodecsv                0.14.1           py36h6450c06_0
urllib3                   1.22             py36h276f60a_0
vc                        14                   h0510ff6_3
vs2015_runtime            14.0.25123                    3
wcwidth                   0.1.7            py36h3d5aa90_0
webencodings              0.5.1            py36h67c50ae_1
werkzeug                  0.14.1                   py36_0
wheel                     0.30.0           py36h6c3ec14_1
widgetsnbextension        3.1.0                    py36_0
win_inet_pton             1.0.1            py36he67d7fd_1
win_unicode_console       0.5              py36hcdbd4b5_0
wincertstore              0.2              py36h7fe50ca_0
winpty                    0.4.3                         4
wrapt                     1.10.11          py36he5f5981_0
xlrd                      1.1.0            py36h1cb58dc_1
xlsxwriter                1.0.2            py36hf723b7d_0
xlwings                   0.11.5                   py36_0
xlwt                      1.3.0            py36h1a4751e_0
yaml                      0.1.7                hc54c509_2
zict                      0.1.3            py36h2d8e73e_0
zlib                      1.2.11               h8395fce_2

CentOS 7にpyenvでPythonをインストール

CentOS 7 には標準で Python がインストールされている。ただちょっと古い。それに pip もない。

[takatoh@aybesea ~]$ python -V
Python 2.7.5
[takatoh@aybesea ~]$ pip list
bash: pip: コマンドが見つかりませんでした...

なので、pyenv を使って Python をインストールすることにした。これはひと月程前にも Ubuntu でやってるから大丈夫だろう。

環境

  • CentOS 7.4.1708 (Core)
  • システムの Python: 2.7.5

参考ページ

依存ライブラリのインストール

これ、なにが必要なんだかいつもよく分からないんだけど、とりあえず参考ページの通りにしてみる。

[takatoh@aybesea ~]$ sudo yum -y install zlib-devel bzip2 bzip2-devel readline readline-devel sqlite sqlite-devel openssl openssl-devel

pyenvとpyenv-virtualenvのインストール

[takatoh@aybesea ~]$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git .pyenv
[takatoh@aybesea ~]$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv-virtualenv.git .pyenv/plugins/pyenv-virtualenv

.bash_profile に追記。

.bash_profile を読み直し。

[takatoh@aybesea ~]$ source .bash_profile

Pythonのインストール

2.7.14 と 3.6.4 をインストール。

[takatoh@aybesea ~]$ pyenv install 2.7.14
Downloading Python-2.7.14.tar.xz...
-> https://www.python.org/ftp/python/2.7.14/Python-2.7.14.tar.xz
Installing Python-2.7.14...
Installed Python-2.7.14 to /home/takatoh/.pyenv/versions/2.7.14

[takatoh@aybesea ~]$ pyenv install 3.6.4
Downloading Python-3.6.4.tar.xz...
-> https://www.python.org/ftp/python/3.6.4/Python-3.6.4.tar.xz
Installing Python-3.6.4...
Installed Python-3.6.4 to /home/takatoh/.pyenv/versions/3.6.4

バージョンの切り替え

[takatoh@aybesea ~]$ pyenv versions
* system (set by /home/takatoh/.pyenv/version)
  2.7.14
  3.6.4

とりあえず、常用には 2.7.14。

[takatoh@aybesea ~]$ pyenv global 2.7.14
[takatoh@aybesea ~]$ pyenv versions
  system
* 2.7.14 (set by /home/takatoh/.pyenv/version)
  3.6.4

OK。当面これで運用してみる。

pyenvとvirtualenvを使ってみる

Python は 2.7.12 を常用しているけど、Python3 系に対応する必要があったので、これを機会にやってみることにした。まあ、今時 Python2 系だけってものなんだと思うので、ちょうどいいといえばそのとおりではある。
で、複数のバージョンを共存させるには pyenv を使うのがいいらしい。virtualenv については、以前エントリを書いたこともあるけど、pyenv と合わせて使うには pyenv のプラグインである pyenv-virtualenv を使うといいらしいので、そうすることにする。

環境

  • Ubuntu 16.04 LTS
  • システムの Python : 2.7.12

インストール

pyenv のインストール。インストールというか github からクローンする。システムにインストールする方法と、ユーザーディレクトリにインストールする方法があるようだけど、今回は後者にした。

takatoh@envelopes $ git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

pyenv-virtualenv のインストール

takatoh@envelopes $ git clone https://github.com/yyuu/pyenv-virtualenv.git ~/.pyenv/plugins/pyenv-virtualenv

.bachrcに設定を書き加える

以下を追記

書いたらいったん端末を起動し直す。

Pythonのインストール

特定のバージョンをインストールするには pyenv install コマンド。-l オプションをつけると、インストール可能なバージョンの一覧が見られる。すげーいっぱい出てくるけど、今回は 3.6.3 をインストールしてみた。

takatoh@envelopes $ pyenv install 3.6.3
Downloading Python-3.6.3.tar.xz...
-> https://www.python.org/ftp/python/3.6.3/Python-3.6.3.tar.xz
Installing Python-3.6.3...
WARNING: The Python bz2 extension was not compiled. Missing the bzip2 lib?
WARNING: The Python readline extension was not compiled. Missing the GNU readline lib?
Installed Python-3.6.3 to /home/takatoh/.pyenv/versions/3.6.3

おっと、なんか WARNING がでたな。コンパイルするときにライブラリが足りないようだ。

takatoh@envelopes $ sudo apt install libbz2-dev libreadline6-dev

インストールした 3.6.3 をいったんアンインストールしてやり直し。

takatoh@envelopes $ pyenv uninstall 3.6.3
pyenv: remove /home/takatoh/.pyenv/versions/3.6.3? Y
takatoh@envelopes $ pyenv install 3.6.3
Downloading Python-3.6.3.tar.xz...
-> https://www.python.org/ftp/python/3.6.3/Python-3.6.3.tar.xz
Installing Python-3.6.3...
Installed Python-3.6.3 to /home/takatoh/.pyenv/versions/3.6.3

今度はうまくいった。
インストールしたバージョンは pyenv versions コマンドで見られる。

takatoh@envelopes $ pyenv versions
* system (set by /home/takatoh/.pyenv/version)
  3.6.3

* がついてるのがアクティブなバージョンだ。

バージョンの切り替え

上に書いたように、現状ではシステムにインストールされている Python が使われている。これを切り替えるには、pyenv global または pyenv local コマンドを使う。global は全体に、local はカレントディレクトリに適用される。

takatoh@envelopes $ pyenv local 3.6.3
takatoh@envelopes $ pyenv versions
  system
* 3.6.3 (set by /home/takatoh/.python-version)
takatoh@envelopes $ python -V
Python 3.6.3

つぎの作業に入る前にいったんシステムのバージョンに戻しておく。

virtualenvで新しい環境を作る

pyenv virtualenv [version] <virtualenv-name> とすることで新しい環境を作れる。

takatoh@envelopes $ pyenv virtualenv 3.6.3 brs-3.6.3
Requirement already satisfied: setuptools in /home/takatoh/.pyenv/versions/3.6.3/envs/brs-3.6.3/lib/python3.6/site-packages
Requirement already satisfied: pip in /home/takatoh/.pyenv/versions/3.6.3/envs/brs-3.6.3/lib/python3.6/site-packages
takatoh@envelopes $ pyenv local brs-3.6.3
(brs-3.6.3) takatoh@envelopes $

プロンプトのカッコ内に環境名が表示されている。この環境は保存されていて、以後、このディレクトリに戻ってくるたびに自動的に適用される。

(brs-3.6.3) takatoh@envelopes $ cd ..
takatoh@envelopes $ pyenv versions
* system (set by /home/takatoh/.python-version)
  3.6.3
  3.6.3/envs/brs-3.6.3
  brs-3.6.3
takatoh@envelopes $ cd brs
(brs-3.6.3) takatoh@envelopes $ pyenv versions
  system
  3.6.3
  3.6.3/envs/brs-3.6.3
* brs-3.6.3 (set by /home/takatoh/w/brs/.python-version)
(brs-3.6.3) takatoh@envelopes $

パッケージのインストール

通常通り pip コマンドを使う。

(brs-3.6.3) takatoh@envelopes $ pip list --format=columns
Package    Version
---------- -------
pip        9.0.1  
setuptools 28.8.0 
(brs-3.6.3) takatoh@envelopes $ pip install click
Collecting click
  Using cached click-6.7-py2.py3-none-any.whl
Installing collected packages: click
Successfully installed click-6.7
(brs-3.6.3) takatoh@envelopes $ pip list --format=columns
Package    Version
---------- -------
click      6.7    
pip        9.0.1  
setuptools 28.8.0

とりあえずこんなもんかな。

Ubuntuで作ったwheelパッケージをWindowsにインストールする

このあいだ Ubuntu で作った wheel パッケージ、Windows にインストールしてみた。
pure Python なのであたりまえだけど、何の問題もなくインストールできた。

^o^ > pip install myapp-0.0.1-py2-none-any.whl
Processing c:\users\hiro\documents\tmp\myapp-0.0.1-py2-none-any.whl
Installing collected packages: myapp
Successfully installed myapp-0.0.1

動作確認。

^o^ > myapp foo bar baz
['C:\\Python27\\Scripts\\myapp', 'foo', 'bar', 'baz']

^o^ > which myapp
C:/Python27/Scripts/myapp.EXE

へぇ、Windows だと .EXE ファイルができるんだ。

Pythonのwith構文を覚えた!

基本的な使い方

ファイルを開いて読み込む処理が典型的かな。今まではこうしていた:

with 構文を使うとこう書ける:

開いたファイルは、ブロックを抜けるときに自動で閉じてくれる。

withに対応したクラス

with 構文に書けるクラスはファイルだけじゃない。__enter____exit__ の2つのメソッドを持ったクラス(のインスタンス)なら何でもいい。__enter__ はブロックに入るときに、__exit__ はブロックを抜けるときに呼ばれる。
ちょっと試してみよう。

実行結果:

takatoh@apostrophe $ python test_with.py
init
enter
hoge
exit

ブロックの中を実行する前に __enter__ が、あとに __exit__ が呼ばれているのがわかる。
as t: の部分の t には、__enter__ の返り値が代入されるので、self を返している。

ともあれ、1行短くなって見やすくなる。これからはこうやって書くようにしよう。

Python: コマンドを含むwheelパッケージを作る

Python のパッケージというと、以前は Egg だったけど最近では wheel パッケージが増えているようだ。Egg パッケージは一度作ってみたことがあるので、今回は wheel パッケージを作ってみる。ついでに、ライブラリではなく、実行できるコマンドを含んだパッケージを作る。

環境

  • Ubuntu 16.04 LTS
  • Python 2.7.12
  • wheel 0.29.0

ソースファイル

ソースの構成はこう:

takatoh@apostrophe $ tree .
.
├── myapp
│   ├── __init__.py
│   └── main.py
└── setup.py

1 directory, 3 files

myapp/main.py が実行されるコマンドのソースで、setup.py が wheel パッケージを作るためのファイル。

myapp/main.py は main 関数があるだけ。setup.py も最低限だけど、色を付けた行が実行コマンドを指定していて、'myapp=myapp.main:main'myapp コマンドを実行すると myapp/main.py の main 関数を呼び出すことを意味している。myapp/__init__.py は空でいい。

wheelパッケージの作成

setup.py にパラメータとして bdist_wheel を渡してやる。

takatoh@apostrophe $ python setup.py bdist_wheel
running bdist_wheel
running build
running build_py
creating build
creating build/lib.linux-x86_64-2.7
creating build/lib.linux-x86_64-2.7/myapp
copying myapp/main.py -> build/lib.linux-x86_64-2.7/myapp
copying myapp/__init__.py -> build/lib.linux-x86_64-2.7/myapp
installing to build/bdist.linux-x86_64/wheel
running install
running install_lib
creating build/bdist.linux-x86_64
creating build/bdist.linux-x86_64/wheel
creating build/bdist.linux-x86_64/wheel/myapp
copying build/lib.linux-x86_64-2.7/myapp/main.py -> build/bdist.linux-x86_64/wheel/myapp
copying build/lib.linux-x86_64-2.7/myapp/__init__.py -> build/bdist.linux-x86_64/wheel/myapp
running install_egg_info
running egg_info
creating myapp.egg-info
writing myapp.egg-info/PKG-INFO
writing top-level names to myapp.egg-info/top_level.txt
writing dependency_links to myapp.egg-info/dependency_links.txt
writing entry points to myapp.egg-info/entry_points.txt
writing manifest file 'myapp.egg-info/SOURCES.txt'
reading manifest file 'myapp.egg-info/SOURCES.txt'
writing manifest file 'myapp.egg-info/SOURCES.txt'
Copying myapp.egg-info to build/bdist.linux-x86_64/wheel/myapp-0.0.1.egg-info
running install_scripts
creating build/bdist.linux-x86_64/wheel/myapp-0.0.1.dist-info/WHEEL

すると dist ディレクトリに wheel パッケージができる。

takatoh@apostrophe $ ls dist
myapp-0.0.1-py2-none-any.whl

インストールと確認

インストールは普通に sudo pip install で。

takatoh@apostrophe $ sudo pip install dist/myapp-0.0.1-py2-none-any.whl
Processing ./dist/myapp-0.0.1-py2-none-any.whl
Installing collected packages: myapp
Successfully installed myapp-0.0.1

テスト。

takatoh@apostrophe $ myapp foo bar baz
['/usr/local/bin/myapp', 'foo', 'bar', 'baz']

うまく行った。myapp コマンドが /use/local/bin/myapp にインストールされているのがわかる。

参考ページ

 cf. Pythonでグローバルコマンドを含んだパッケージを作る – Qiita
 cf. Python: Wheel でパッケージを配布する – CUBE SUGAR STORAGE

Flaskアプリを引っ越す(5)解決編

データの更新ができない問題が解決した。
アプリのせいじゃなくて、パーミッションの問題だった。次のようにして解決。

bruschetta@wplj:~/bruschetta$ chmod 666 bruschetta/bruschetta.db
bruschetta@wplj:~/bruschetta$ chmod 777 bruschetta

最初、データベースファイルのパーミッションだけ変えてみたけどダメで、ディレクトリのパーミッションも変えたら OK になった。