ゴルーチンとチャネルでジェネレータ

ゴルーチンとチャネルを使ってジェネレータを作ることもできる。

makeGen 関数は無名関数を返す。この無名関数はクロージャになっていて、makeGen 内のゴルーチンからチャネルを使って受け取った値を返す。ゴルーチンは二分木の値を昇順に返すので、結果として無名関数も呼び出しごとに同じ順で値を返すことになる。
実行してみよう。

^o^ > go run go_gen.go
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
<nil>

最後の <nil> は何だろう?

チャネルとrange

チャネルから送られてくるデータは、for ループの range で受けることもできる。

チャネルの場合、スライスやマップと違って返り値は多値ではない。あと、チャネルにデータを送る側では、送信が終わったらチャネルを close する必要がある。
次の例は、二分木にチャネルを使ってデータを送信する each 関数を追加したものだ。

for ループの range には二分木の each 関数を呼び出していて、その each 関数では、データを一つずつチャネルに送信し、最後にチャネルを close している。
実行結果はこう:

^o^ > go run go_range.go
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

ゴルーチンの同期

チャネルを使ってゴルーチンの同期をとることができる。
次のコードを見てほしい。

makeRoutine 関数は、文字列 code とチャネル in を引数にとる。まずチャネル out を作っておいて、無名関数をゴルーチンで起動、最後に out を返している。無名関数は無限ループになっていて、in から何か送信されてくるのを待って code を出力し、200 ミリ秒待ってから out にデータを送信する。
main 関数では、最初の(送信用)チャネル ch1 を作り、makeRoutine 関数に渡している。返ってきたチャネルは、次の makeRoutine 関数に渡され、返ってきたチャネルはさらに次の makeRoutine 関数に渡される。こうして5つの makeRoutine 関数の中のゴルーチンがチャネルを通じて数珠つなぎのようになる。これらのゴルーチンは、最初のチャネル ch1 にデータを送信することによって動作を開始し、最後のチャネル(main 関数から見ると ch6)にデータを送信して終わる。これを10回繰り返している。

実行してみよう。

^o^ > go run go_hey.go
hey! hey! hey! hey! hey! hey! hey! hey! hey! hey!

この実行例ではわからないけど、1文字ずつ時間を空けて hey! の文字列が10回出力されている。各ゴルーチンは1文字出力するだけなので、うまく同期して動作している様子がわかる。

sync.WaitGroup

ゴルーチンの終了待ちには、チャネルを使うほかに sync パッケージの WaitGroup を使う方法もある。
使い方はこうだ:

  1. sync.WaitGroup の変数を作る
  2. その変数に、終了待ちをするゴルーチンの数を設定する
  3. ゴルーチンを呼び出す。このとき、sync.WaitGroup の変数を渡す
  4. ゴルーチン側では、終了したら Done 関数を呼ぶ
  5. メインルーチン側で、Wait 関数を呼ぶ

実際に試してみよう。

^o^ > go run go_waitgroup.go
0 baz
0 bar
0 foo
1 baz
1 bar
1 foo
2 baz
2 bar
2 foo
3 baz
3 bar
3 foo
4 baz
4 foo
5 baz
5 foo
6 baz
7 baz

チャネルとゴルーチンの終了待ち

チャネルはゴルーチンの間で通信するためのデータだ。次のように生成する。

T はチャネルでやり取りするデータの型、bufsize はデータを格納するバッファのサイズで省略すると 0 になる。チャネルの型は chan T。
関数の引数や変数の型指定の時、chan の前に <- をつけると受信専用に、後に <- をつけると送信専用になる。 チャネルを使うと、ゴルーチンの終了待ちができるようになる。 次の例では test 関数をゴルーチンとして呼び出し、チャネルを渡している。test 関数は 0.5 秒間隔で name を出力し、終了するときにチャネルを通じて name を送ってくる。main 関数ではチャネルからデータが送られてくるのを待っている。

実行してみよう。

^o^ > go run go_channel.go
1 foo
1 baz
1 bar
2 foo
2 baz
2 bar
3 foo
3 baz
3 bar
4 foo
4 baz
4 bar
5 foo
5 baz
bar
6 foo
6 baz
foo
7 baz
8 baz
baz

数字とともに出力されているのが test 関数内で出力したもの、数字のないのがゴルーチンが終了した後に main 関数で出力したものだ。3つのゴルーチンが並行して動き、main 関数ではその終了を待っていることがわかる。

reverse

Go でスライスを逆順にしたかったんだけど、そういう関数は用意されてないようだ。じゃあどうするかというと for 文を使ってひとつずつ入れ替えてくしかないみたい。こんなふうに。

^o^ > go run reverse.go
[5 4 3 2 1]

文字列を逆順にするにはいったん rune 型のスライスにしてから。

^o^ > go run reverse_string.go
おえういあ

MediaWikiでインターウィキの編集を出来るようにする

MediaWiki では、デフォルトでインターウィキ機能が使えるようになっているけど、接頭辞の追加とか編集とかはデータベースを直接操作する必要があるらしい。
そこでエクステンション(拡張機能)を有効にして、特別ページでインターウィキの編集を出来るようにする。

具体的には LocalSettings.php ファイルの末尾に次のように追記する。

こうすることで、管理者でログインすると、特別ページに「インターウィキデータの閲覧と編集」というページができて、インターウィキの追加・編集・削除ができるようになる。

Nginxを使って仮想サーバーをたてる

先日作った Sinatra アプリに、sombrero という仮想サーバー名でアクセスできるようにする。
Nginx の仮想サーバーの設定は、/etc/nginx/conf.d 以下に「仮想サーバー名.conf」という設定ファイルを作ることで行う。
というわけで、今回は /etc/nginx/conf.d/sombrero.conf ファイルを作る。

[takatoh@aybesea ~]$ cd /etc/nginx/conf.d
[takatoh@aybesea conf.d]$ sudo vim sombrero.conf

ファイルの内容は次の通り:

80 番ポートで待ち受けて、アプリの動いている 9000 番ポートへ転送している。

ログファイルのためのディレクトリを作る。

[takatoh@aybesea conf.d]$ sudo mkdir /var/log/nginx/sombrero

これで OK のはず。Nginx をリスタート。

[takatoh@aybesea conf.d]$ sudo systemctl restart nginx

別のマシンから http://sombrero/ にアクセスしてみると、ちゃんと動作していることが確認出来た。

CentOS 7にNginxをインストールする

Nginx は CentOS 7 の標準リポジトリでは提供されていないので、まずは EPEL リポジトリを登録する。

[takatoh@aybesea ~]$ sudo yum install epel-release.noarch

Nginx をインストール。

[takatoh@aybesea ~]$ sudo yum install nginx

firewalld の設定とリスタート。

[takatoh@aybesea ~]$ sudo firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent
[takatoh@aybesea ~]$ sudo systemctl restart firewalld

Nginx の起動と自動起動の設定。

[takatoh@aybesea ~]$ sudo systemctl enable nginx
[takatoh@aybesea ~]$ sudo systemctl start nginx

これでとりあえずは OK。他のマシンからもアクセスできることを確認した。

SinatraアプリをCentOSで動かす(2)

前のエントリで、単純に動かすことには成功したので、今度はデーモンとして動かすことにチャレンジする。一部内容が重複するけど御勘弁。

まずは専用のユーザーを作る。

[takatoh@aybesea ~]$ sudo useradd sombrero
[sudo] takatoh のパスワード:
[takatoh@aybesea ~]$ sudo passwd sombrero
ユーザー sombrero のパスワードを変更。
新しいパスワード:
よくないパスワード: このパスワードには一部に何らかの形でユーザー名が含まれています。
新しいパスワードを再入力してください:
passwd: すべての認証トークンが正しく更新できました。
[takatoh@aybesea ~]$ sudo usermod -G wheel sombrero
[takatoh@aybesea ~]$ sudo usermod -aG staff sombrero

よくないパスワードと言われてるけど無視。
ここで新しいユーザーでログインし直す。

アプリの clone から セットアップまで。

[sombrero@aybesea ~]$ git clone https://github.com/takatoh/sombrero.git
[sombrero@aybesea ~]$ cd sombrero

と思ったら bundler のインストールでつまづいた。

[sombrero@aybesea sombrero]$ gem install bundler
ERROR:  While executing gem ... (Gem::FilePermissionError)
    You don't have write permissions for the /usr/local/rbenv/versions/2.4.3/lib/ruby/gems/2.4.0 directory.

指摘されているディレクトリのパーミッションを見てみると、bill のものになっている。

[sombrero@aybesea sombrero]$ ls -l /usr/local/rbenv/versions/2.4.3/lib/ruby/gems
合計 0
drwxr-xr-x. 8 bill bill 100  1月  2 10:11 2.4.0

これは bill で rbenv global したせいだろうけど、このパーミッション設定は良くないよな。
変えてしまえ。

[sombrero@aybesea sombrero]$ sudo chgrp -R staff /usr/local/rbenv/versions/2.4.3
[sombrero@aybesea sombrero]$ sudo chmod -R 775 /usr/local/rbenv/versions/2.4.3

これでどうか。

[sombrero@aybesea sombrero]$ gem install bundler
Fetching: bundler-1.16.1.gem (100%)
Successfully installed bundler-1.16.1
Parsing documentation for bundler-1.16.1
Installing ri documentation for bundler-1.16.1
Done installing documentation for bundler after 5 seconds
1 gem installed

OK。つづき。

[sombrero@aybesea sombrero]$ bundle install
[sombrero@aybesea sombrero]$ cp config.yaml.example config.yaml
[sombrero@aybesea sombrero]$ rake setup

ここでいったん起動してみる。

[sombrero@aybesea sombrero]$ bundle exec rackup config.ru

OK。

unicorn のインストール。

[sombrero@aybesea sombrero]$ bundle exec gem install unicorn

unicorn の設定ファイル unicorn.conf を書く。

もう一度、今度は unicorn で起動。

[sombrero@aybesea sombrero]$ bundle exec unicorn -c unicorn.conf
bundler: failed to load command: unicorn (/usr/local/rbenv/versions/2.4.3/bin/unicorn)
Gem::Exception: can't find executable unicorn for gem unicorn. unicorn is not currently included in the bundle, perhaps you meant to add it to your Gemfile?
  /usr/local/rbenv/versions/2.4.3/lib/ruby/gems/2.4.0/gems/bundler-1.16.1/lib/bundler/rubygems_integration.rb:458:in block in replace_bin_path'
  /usr/local/rbenv/versions/2.4.3/lib/ruby/gems/2.4.0/gems/bundler-1.16.1/lib/bundler/rubygems_integration.rb:478:in block in replace_bin_path'
  /usr/local/rbenv/versions/2.4.3/bin/unicorn:23:in `'

あれ?Gemfile に書き足さなきゃいけないのか。じゃ、そうしてからもう一度。

[sombrero@aybesea sombrero]$ bundle update
[sombrero@aybesea sombrero]$ bundle exec unicorn -c unicorn.conf

今度はOK。

UNIT ファイルを書く。

[sombrero@aybesea sombrero]$ sudo vim /etc/systemd/system/sombrero.service

これでいってみよう。

[sombrero@aybesea sombrero]$ sudo systemctl start sombrero

ブラウザで確認……OK!!!!!
start したり stop したりしてもちゃんと動いていることが確認出来た。

最後は、自動起動するようにして、外部からもアクセスできるようにポートを開ければ完了。

[sombrero@aybesea sombrero]$ sudo systemctl enable sombrero
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/sombrero.service to /etc/systemd/system/sombrero.service.
[sombrero@aybesea sombrero]$ sudo firewall-cmd --add-port=9000/tcp --zone=public --permanent
success

これでマシンを再起動してみよう。

他のマシンから確認。ちゃんと動作していることが確認出来た。これで完了。